パチンカーズネット

【パチプロ日記】実践レポ!!ストローク別のデータ比較など!~CR大海物語スペシャルWithアグネス・ラム 39(ちょいパチ)~

  ポトフ
  0 コメント
  カテゴリー: 実践記 ポトフ
  公開日:2017年10月5日

ポトフです。

 

CR大海物語スペシャルWithアグネス・ラム 39(ちょいパチ)を実践してきました。

実践データを交えて、攻略ポイントを紹介します。

 

 

目次

スペックと特徴紹介

【スペック】

初当たり確率:1/39.9

確変突入率:100%

4R:48%

7R:48%

15R:4%

等価ボーダーライン:20.57

 

初回大当たりからは電サポは8回しかありません。

電サポ8回で大当たりすれば、電サポ33回となります。

(ST10回+時短23回)

 

海物語3Rで搭載されていた、マイ海カスタムの機能はありませんでした。

あれがあれば、無駄に回さずに大当たりに突入出来るメリットがあるのですが、無かったので残念(*_*)

 

後、8個保留タイプと聞いていましたが、初代大海物語同様に保留は4個タイプとなっています。

出玉別等価ボーダーライン

他のちょいパチもそうですが、1回の大当たり出玉が少ないので、少しの差でも等価ボーダーラインは結構変わってきます。

 

大当たり出玉別に等価ボーダーライまとめました。

 

4R:130玉(1R:32.5玉)→21.05

4R:133玉(1R:33.25玉)→20.57

4R:135玉(1R:33.75玉)→20.27

4R:137玉(1R:34.25玉)→19.97

4R:140玉(1R:35玉)→19.55

4R:143玉(1R:35.75玉)→19.14

4R:145玉(1R:36.25玉)→18.87

 

ミドルタイプなどのデジパチよりも少しの差で違いが出てくる認識が必要です。

実践データ(ストローク比較)

ワープが天井にある為、海物語INハワイのように、ストロークによって回転率が変わってくる可能性があります。

海物語INハワイ(甘デジ)実践レポ

 

 

ぶっこみ、天打ちにわけて実践データをとってみました。

 

CR大海物語スペシャルWithアグネス・ラム 39(ちょいパチ)のスペック

 

【ストロークぶっこみ稼働データ】

通常回転数:473回

電サポ回転数:550回

初当たり回数:16回

4R:19回

7R:20回

15R:0回

収支:+11935円

稼働時間:4.25時間

回転率:29.97回/千円

電サポ増減:-0.2玉/1回転

 

【期待値算出条件】

1R:33.5玉

電サポ増減:-0.2玉/1回転

持玉比率:100%

通常消化:150回/1時間

換金率:27.5玉

 

【期待値】

期待値:+9084円

期待値時給:+2137円

 

 

【ストローク天打ち稼働データ】
通常回転数:694回
電サポ回転数:372回
初当たり回数:16回

4R:16回

7R:12回

15R:1回
収支:-2228円
稼働時間:4時間
回転率:29.31回/千円
電サポ増減:0.2玉/1回転

 

【期待値算出条件】
1R:32.2玉
電サポ増減:0.2玉/1回転
持玉比率:100%
通常消化:150回/1時間
換金率:27.5玉

 

【期待値】
期待値:+7344円
期待値時給:+1836円

 

 

①ストロークぶっこみ

通常時:ぶっこみ

電サポ中:ぶっこみ

大当たり中:ぶっこみ

 

②ストローク天打ち

通常時:天打ち

電サポ中:ぶっこみ

大当たり中:天打ち

 

この2つを比較しました。

天打ちは気持ちは右よりの天打ちです。

 

結果的には、回転率・大当たり出玉あまり差が出ない結果となりました。

 

天打ちのほうが悪い結果に・・・(*_*)

ぶっこみ狙い:回転率29.92、1R33.5玉

天打ち:回転率29.31、1R32.2玉

 

打っている体感的にも天打ちのほうが、中央に玉が寄らない感じがしました。

ぶっこみ狙いは電サポ増減が-o,2玉/1回転となっていますが、これは色々試していた為、マイナスになりました。

 

 

海物語INハワイは天打ちによって、ワープ入賞率が上がり、回転率向上する事が多かったです。

 

この大物語も台によっては、ストロークで回転率・大当たり出玉は変わる可能性はありますので、色々試したほうが良いと思います。

 

後、時間効率ですが、電サポ率が結構高いので、同じちょいパチ海物語3Rと比べて通常回転数の消化は少なくなります。

1時間あたり140回~150回ぐらいかなと僕は思いました。

実践釘

  

【ヘソ釘&アタッカー】

 

【寄り釘&スルー】

 

ヘソは多少開いていました。

寄りは無調整、道釘は若干マイナス。

スルーは無調整、アタッカーは多少マイナス調整でした。

攻略ポイント

【電サポ開放パターン】

開放パターンは3種類ありますが、基本的にどの開放パターンもほとんど同じと思います。

 

ロング開放×2回

 

若干開放時間が違うかもしれませんが、あまり変わらないと思うので気にする必要はないかなと思います。

※もし違うようなご指摘お願いします!

 

【電サポ中の止め打ち】

基本的に打ちっぱなしで消化しました。

 

ただ、スルー・電サポ横が無調整以上であれば、多少インターバル止めで微増ぐらいは可能かもしれません。

 

大当たり終了後にスルー保留が溜まっていない時は、保留消化するまで打ちだしはしませんでした。

まとめ

ちょいパチ海物語3Rと比べると、電サポ残保留の影響度も少なく、時間効率も少し落ちます。

 

ですが、ちょいパチの中と比べると等価ボーダーも甘い部類で、時間効率も良いです。

釘がなかなか開かないちょいパチですが、この台は結構打てるチャンスあるかなと思っています!

 

—パチンカーズネット問い合わせ—

立ち回り、止め打ち、考え方など、何かご質問あれば下記よりご連絡ください。

可能な限り回答させて頂きます!!

メール

@patinkazunet

サイト内検索

関連記事

コメント

未承認のコメントは0件です。
まだコメントはありません。

CAPTCHA


Categories : 実践記 ポトフ
  • ※パチンカーズネット継続運営のためのご支援をお願いします。

    この記事をシェアする

    利用規約・免責事項
    © Copyright 2012 パチンカーズネット All Rights Reserved.