パチンカーズネット

【パチプロ日記】小当たりRUSH搭載機種の期待値計算ツール入力方法~参考例:CRぱちんこ必殺仕事人V -S4~

  ポトフ
  0 コメント
  カテゴリー: 実践記 ポトフ
  公開日:2017年5月18日

ポトフです。

 

少し前から小当たりRUSH搭載機種が登場しました。

 

 

電サポ中に出玉が増えていく仕組みで、斬新な試みだったのですが、いまいちユーザーからの指示を得る事が出来ませんでした。

 

しかし、OK!!のGANTZより評価が高まってきました。

今まではST機種に小当たりRUSH搭載だったのですが、このGANTZは確変ループ機種に小当たりラッシュが搭載されました。

 

STでは回数限定となりますが、確変機ははまればはまるほど、出玉が増えていくという点においてユーザーの支持を得たと言われています。

GANTZの場合、16R大当たりで100回でも確変時にはまれば、それだけで3000玉を超えます。

 

その効果もあってなのか、GANTZは増台傾向にあります。

 

 

そんな小当たりRUSHですが、京楽次回作の必殺仕事人Vにも搭載されいます。

今後登場する機種でも小当たりRUSH搭載している機種もあります。

 

 

従来の期待値計算ツールでは小当りRUSHを加味した計算はできませんでしたが、少し前に対応できるように変更しましたので、今回は入力方法を解説していきたいと思います。

 

現時点ではGANTZ・必殺仕事人Vのみ、小当たりRUSHの増減を入力して、計算ツールが使えるようになっています。

 

来週登場する必殺仕事人Vを使って説明していきたいと思います。

 

 

目次

 

1.計算ツール(シンプルバージョン)の入力方法

 

設定は下記の数値とします。

 

CRぱちんこ必殺仕事人V -S4のスペック

※初回通常を引いたら時短100回

※初回確変を引いたら確変+小当たりラッシュ(電サポ次回)

※出玉は15Rのみ(1297玉)

 

【設定】
機種:ぱちんこ必殺仕事人V -S4のスペック
交換率:27.5玉
回転率:25回/千円あたり
電サポ増減:-0.5回/1回転

(※小当たりRUSHを除外した電サポ増減)
小当たりRUSH増減:+4玉/1回転

 

電サポ賞球が1個返しなので、若干減る想定

小当たりRUSHはどれぐらいの増減があるか、はっきりと情報が出てないので、今回は+4玉/1回転という想定。

 

ただし、あくまで数値は適当な想定値です。

 

 

何も入力していない状態で「計算する」ボタンを押した場合、等価ボーダーは20.63回となっています。

 

①小当たりRUSH増減

+4玉/1回転を入力します。

もし、小数点が出るなら、+〇.〇というように小数点も入力します。

 

小当たりRUSH増減を入力した状態で「計算する」ボタンを押した場合、等価ボーダーは18.77回となりました。

 

②電サポ増減(※小当たりRUSHを除外した電サポ増減)

-0.5玉/1回転を入力します。

もし、小数点が出るなら、-〇.〇というように小数点も入力します。

 

③小当たりRUSH増減

先ほど、同様に+4玉/1回転を入力します。

 

小当たりRUSHに加えて、電サポ増減(時短増減)も入力した状態で「計算する」ボタンを押した場合、等価ボーダーは19.05回となりました。

 

 

等価ボーダーを計算することができました。

続いて、期待収支シミュレーションを実行します。

 

④交換玉数

27.5を入力します。

30玉なら30、25玉(等価)なら25を入力します。

 

⑤持ち玉比率

今回は持ち玉時と仮定して、100を入力します。

 

⑥回転数/1000円

25を入力します。

もし、小数点が出るなら、〇〇.〇というように小数点も入力します。

 

⑦通常回転数

今回は持ち玉時給として算出してみますので、180(1時間180回回せると仮定して)を入力します。

 

「計算する」ボタンを押します。

この結果、期待収支は2045.7円となりました。

 

つまり、この条件であれば持ち玉時給が約2045円というシュミレーション結果となります。

2.計算ツールの入力方法

計算ツール(シンプルバージョン)よりも細かく条件を指定して計算が出来ます。

 

設定は下記の数値とします。

今回は1日実践したと仮定して、理論値に近い数値を想定して入力してみます。

 

【設定】
機種:ぱちんこ必殺仕事人V -S4のスペック
交換率:27.5玉
通常回転数:2200回

電サポ回転数(時短):770回

小当たりRUSH回転数:660回

電サポ増減:-385玉(-0.5玉/1回転)

小当たりRUSH増減:+2640玉(+4玉/1回転)

大当たり回数:19回

大当たり出玉:1297玉(15R)

現金投資:10000円

貯玉投資:2500玉

回収出玉:9600玉

 

①換金率/¥1000

275を入力します。

30玉なら300、25玉(等価)なら250を入力します。

 

②現金

現金投資の金額です。

今回は10000を入力します。

 

③貯玉(手数料無)

貯玉分の投資です。

今回は2500を入力します。

 

④回収出玉

最後に残った玉です。

今回は9600を入力します。

 

⑤電サポ増減数(※小当たりRUSHを除外した電サポ増減)

電サポ(※小当たりRUSHを除外した電サポ)1回転あたりの増減を入力します。

電サポ770回に対して、-385玉です。

 

なので、-385/770=-0.5

今回は-0.5を入力します。

 

⑥小当RUSH増減数

小当RUSH1回転あたりの増減を入力します。
小当RUSH660回に対して、+2640玉です。

なので、2640/660=4
今回は4を入力します。

 

⑦総小当RUSH回転数

小当たりRUSHの回転数を入力します。

今回は660を入力します。

 

⑧総回転数

通常回転数、電サポ回転数、小当たりRUSH回転数の合計を入力します。

2200+770+660=3630

 

今回は3630を入力します。

 

⑨通常回転数

通常回転数を入力します。

今回は2200を入力します。

 

⑩大当たり回数

大当たり回数を入力します。

今回は19を入力します。

 

⑪時間消化

想定する1時間あたりの通常回転の消化を入力します。

これは実践結果からではなく、想定値を入力します。

 

簡易期待値計算ツールの時同様に、今回は1時間180回回せると仮定します。

よって、180を入力します。

 

 

計算結果は下記の通りです。

 

回転率:19.05

電サポ増減率:-0.5

小当たりRUSH増減率:+4

12時間稼働期待値:+24677円

※持ち玉比率100%

 

 

尚、今回の大当たり出玉は表記出玉としましたが、実践においてはこれよりも多くなる場合もあります。

その場合は、従来通り出玉変換を使って、大当たり出玉を修正しましょう。

まとめ

以上が小当たりRUSH搭載機種に対する、計算ツール(シンプルバージョン)と計算ツールの説明となります。

 

小当たりRUSH搭載だからといっても、特別ややこしくなるわけではありません。

電サポ(※小当たりRUSHを除外した電サポ)と小当たりRUSHをわけて考えて、回転数と増減数をそれぞれ計測すればOKです。

 

 

 

最後に必殺仕事人Vについて。

今回のシュミレーション値では、大当たり出玉の変化はなく、電サポ中(※小当たりRUSHを除外した電サポ中)も減る想定です。

 

しかし、大当たり出玉・電サポ増減によって、等価ボーダーラインが18付近になる事も十分あり得ると思います。

 

色々な面で厳しい新基準機ですが、この必殺仕事人はスペック・待望の続編という事を考えて、長期稼働になる可能性も秘めています。

 

しっかりと数値を把握して、導入に備えていきたいですね!

 

以上、【パチプロ日記】小当たりRUSH搭載機種の期待値計算ツール入力方法~参考例:CRぱちんこ必殺仕事人V -S4~でした。

サイト内検索

関連記事

コメント

未承認のコメントは0件です。
まだコメントはありません。

Categories : 実践記 ポトフ
  • ※パチンカーズネット継続運営のためのご支援をお願いします。

    この記事をシェアする

    利用規約・免責事項
    © Copyright 2012 パチンカーズネット All Rights Reserved.