パチンカーズネット
  最終更新日:2021年3月8日

“CRスーパー海物語IN沖縄3″実践記

  カテゴリー: ポトフ デジパチ
  公開日:2013年7月17日

おはようございます。

 

ポトフです。

 

先日、CRスーパー海物語IN沖縄3を初打ちしてきましたので、

簡単に実践記を書いてみようと思います。

 

スーパー海物語IN沖縄シリーズと言えば、

初代・二代目ともに非常によく打ったシリーズです。

 

今回のCRスーパー海物語IN沖縄3に関しても、

いずれ甘デジタイプも登場すると思いますので、注目しておきたい機種です。

 

【ゲージ】

アタッカーは優秀です。

広めのアタッカーになり、こぼしが少なく

比較的オーバー入賞しやすい構造となっております。

 

後、大海2などであった道釘下の一本釘が無くなりましたので、

以前より電チューには寄り易い釘構成です。

 

ステージに関しては、従来の海シリーズ通り台によって

個体差が大きいと思われます。

 

道釘からの自力乗り上げも多くするので、

ステージのクセが良ければ今回も回転率アップに期待が出来ます。

 

ワープ入口・寄りに関しては甘くは無いという印象です。

 

【止め打ち】

大当たり中のラウンド間に関しては、

①4個入賞したら玉を止める。

②7個~8個入賞したら打ちだしを再開。

 

確変中・時短中の止め打ちに関しては、

電チュー開放後⇒3個打ちだしを繰り返しでOKだと思います。

 

今回は電チュー賞球2個返しの新内規仕様の為、

基本的には現状維持~ちょい増えぐらいが目標としたいところです。

 

スルーの通りが悪ければ、打ちぱなっしにしたほうが良いかもしれません。

 

【演出&総評】

今回の目玉、「スペシャル魚群タイム

 

130716_0926

スペシャル魚群タイム

 

AKBの時もそうでしたが、

いずれ何も感じなくなるのですが・・・・

仕組みは分かっているのですが・・・

 

個人的にこの演出は非常に好きです☆

 

5分間、リーチの度に魚群を期待してしまいます!

 

総評としては、全体的には凄く勝ちやすい機種では無いですが、

人気が出そうな機種なので、ホールの扱いによっては

今までの海シリーズ同様に長く使える機種になりえそうですね。

 

—パチンカーズネット問い合わせ—

立ち回り、止め打ち、考え方など、何かご質問あれば下記よりご連絡ください。

可能な限り回答させて頂きます!!

メール

パチンカーズネット公式Twitter
@patinkazunet777

Categories : ポトフ デジパチ
  • この記事をシェアする

    利用規約・免責事項
    © Copyright 2012 パチンカーズネット All Rights Reserved.