パチンカーズネット

【パチプロ日記】実践レポ!役物考察、役物動画、役物確率別ボーダーライン!~CR犬夜叉JUDGMENT∞ EX AG-JT~

  ポトフ
  0 コメント
  カテゴリー: 実践記 ポトフ
  公開日:2018年6月16日

ポトフです。

 

CR犬夜叉JUDGMENT∞ EX AG-JTを実践してきました。

大一の「極閃ぱちんこCRうしおととら」の後続機という位置づけの台です。

 

役物考察含めて実践データを紹介したいと思います。

 

 

 

目次

ゲーム性&スペック

【通常時】

デジタル揃い

0r

小当たり当選→役物V入賞

 

にて電サポ(ストックタイム)に突入。

 

デジタル揃いからは電サポ突入率は非常に低いです。

出玉獲得のメインは役物V入賞からとなります。

 

ゆえに役物確率によって期待値の変動が大きくなります。

 

 

【電サポ時※ストックタイム】

大当たり終了後にストックタイム開始。

ストック開始時に電サポ保留4個貯めて200秒消化。

その200秒で大当たりしなかったら、再び保留を溜めて消化。

 

合計8回転です。

 

要は大当たり確率1/5.5 or 1/6.0のST8回の電サポという事と同じです。

EX:1/5,5の8回転→継続率79.92%

SP:1/6.0の8回転→継続率76.74%

 

難しく考える必要はありません。

 

演出上200秒消化している間に内部的に大当たり抽選しています。

難しく考えずに、右打ちアナウンスが出た時に保留を4つ貯めたら問題ありません。

 

 

【スペック】

-EX-

通常時小当たり確率:1/99.9

電サポ時小当たり確率:1/5.5

電サポ実質連荘率:79.92%

通常時デジタル当選確率:1/319.7

 

-SP-

通常時小当たり確率:1/69.9

電サポ時小当たり確率:1/6.0

電サポ実質連荘率:76.74%

通常時デジタル当選確率:1/319.7

 

※一部に限定導入でXXというスペックもありますが、当サイトでは掲載していません。

 

 

【役物確率別の等価ボーダーライン】

-EX-

役物確率1/2.5

平均ラウンド:7.731R

トータル確率:40.96

等価ボーダーライン:11.9

 

役物確率1/3.5

平均ラウンド:7.479R

トータル確率:53.88

等価ボーダーライン:16.2

 

役物確率1/4.5

平均ラウンド:7.27R

トータル確率:65.32

等価ボーダーライン:20.22

 

役物確率1/5.5

平均ラウンド:7.065R

トータル確率:75.56

等価ボーダーライン:24.0

 

 

-SP-

役物確率1/2.5

平均ラウンド:7.655R

トータル確率:35.19

等価ボーダーライン:11.6

 

役物確率1/3.5

平均ラウンド:7.446R

トータル確率:46.77

等価ボーダーライン:15.9

 

役物確率1/4.5

平均ラウンド:7.252R

トータル確率:57.2

等価ボーダーライン:19.96

 

役物確率1/5.5

平均ラウンド:7.075R

トータル確率:66.72

等価ボーダーライン:23.8

実践データ

【稼働データ】

通常回転数:1643回

電サポ回数:124回

通常時小当たり回数:15回

役物V入賞回数:6回

デジタル大当たり回数:8回

大当たり回数

2R:8回

4R:17回

15R:12回

投資金額:32500円

回収出玉:20815玉

稼働時間:11.5時間

貸玉数:116玉/500円

交換数:27.5玉

 

【期待値計算】

回転率:23.67

※1R:116玉計算

 

期待値

役物確率の見極めが現段階ではっきりとしない為、確率別に掲載。

 

役物確率:1/3.5と仮定

1R:116玉

平均出玉:898玉

等価ボーダーライン:14.99

トータル確率:53.88

持ち玉比率:70%

1時間あたりの通常回転数:140回想定

期待値:35441円

 

役物確率:1/4.5と仮定

1R:116玉

平均出玉:843玉

等価ボーダーライン:19.36

トータル確率:65.32

持ち玉比率:70%

1時間あたりの通常回転数:140回想定

期待値:12435円

 

実践当日の前に色々な台を打ってきた感触から、役物軌道は悪くないと考えて、悪くてもメーカー発表値1/4.5はあると考えています。

役物考察

当たりルート

メインの大当たりルートは上記の矢印のイメージ。

 

左からだと10時~12時ぐらいの位置に来た時。

右からだと2時~12時ぐらいの位置に来た時。

 

回転体の間を通って、6時30分~5時30分ぐらいの位置で玉がリリースされて、ストレートにV穴に向かってV入賞します。

 

これが王道パターンの入賞ルートと思われます。

僕が実践した台は全てこの当たりルートでした。

 

つまり玉の落下速度が遅いと、左右にぶれてしまう為、大当たりルート選択したのに大当たり決定率が下がると思います。

 

こういった観点より台の傾きは手前傾斜(台が起きている)のほうが有利と考えています。

 

 

ですが、台によってはイレギュラー入賞から大当たりする割合が高い場合もあるみたいです。

 

イレギュラー入賞

上記の画像のように、左穴からなめるように弾かれて、V穴に入賞するパターン。

右からのパターンはまだ聞いてませんが、左から弾かれて入賞はちょくちょく聞きます。

※穴の下に突起があって、そこにあたって跳ね返ります。

 

左右に凄く散らされる台だけど、上手くかみ合って弾かれる挙動が多くなるパターンも存在する可能性はあると思います。

 

基本的には手前傾斜有利だと思っていますが、左右傾斜とのバランスによって、このような台も存在するのでは?と思っています。

 

 

【当たりルートの選択割合】

役物考察

上記のように通るルートを3つに分けて考察してみました。

穴と穴の間に線を引いて、穴の位置に玉が来た時にどこにいるのか?

それをカウントしてみました。

 

これは外れかV入賞するまで何回も往復しますが、全てカウントします。

なので1回の小当たり当選から

左ルート5回

中ルート2回

右ルート4回

といったように複数回数のカウントとなります。

 

 

実践台の当選ルート割合

左ルート:31回

中ルート:16回
右ルート:17 回
合計:64回

 

左ルートを如何に回避して中ルート選択する割合が高い役物が良い傾向にあると考えました。

 

左ルート選択割合:1/2.06(51.6%)

中ルート選択割合:1/4(25%)

 

4回に1回は中ルートを選択しています。

 

 

それに加えて、はずれとV入賞の割合。

左はずれ:7回

V入賞:6回
右はずれ:2回

 

V入賞の決定率は1/2.66(37.5%)

中ルート16回に対して6回、1/2.66回で当選しています。

 

 

イレギュラー入賞も存在するので、一概には言えませんが、

基本的には

・左ルート選択率がどぐらいあるか?

・中ルート選択率がどれぐらいあるか?

・中ルート決定率がどれぐらいあるか?

 

この観点から数値を含めて考察を僕はしてみようと思っています。

 

 

【役物滞在時間】

あまり参考になるかわかりませんが、その他の数値も書いておきます。

役物滞在時間を計測してみました。

 

 

上記の矢印箇所に玉が落ちた時点からはずれか当たりまでの秒数を計測。

7回分だけ計測

19.8秒

15.1秒

17.3秒

26.8秒

8.2秒

25.7秒

24.2秒

41.2秒

平均:22.6秒

 

 

【小当たり当選に対して平均アタック回数】

小当たり1回の当選に対して、外れかV入賞するまで何回アタックしたか?

 

小当たり15回に対して、

左ルート:31回

中ルート:16回
右ルート:17 回
合計:64回

 

なので64/15=4.27回

 

小当たり1回に対して平均4.26回アタックしています。

役物動画

右外れ

 

V入賞

 

たった一日のデータなのでこの役物のポテンシャルがどれぐらいあるかは、確定は出来ませんが、メーカー発表値1/4.5よりは良いだろうと思っています。

実践台の釘

 ヘソ

ヘソ

 

寄り

寄り

 

寄りは気持ちマイナス、ヘソは少し開いている感じでした。

打つ時の注意点&アタッカー消化

【ストックタイム時】

ストックタイム時の大当たりした時は、V入賞させて大当たり開始となります。

この時にV入賞させないと大当たり権利が無くなりますので、要注意です。

 

ちなみにこの時、アタッカーがパカパカしますので、9個まで入賞させれるので、パカパカにあわせて単発打ちで9個入賞させましょう。

 

【大当たり時のオーバー入賞】

捻り打ちによってオーバー入賞させれなくもないのですが、アタッカーまでの距離が長く時間効率を考えたら、インターバル消化のほうが良いと感じました、

 

オーバー入賞割合がある程度出せるなら、オーバー入賞を狙っても良いかもしれません。

まとめ

天下一閃の役物から進化した役物という事なのですが、役物自体の面白さは・・・・微妙です(^_^.)

 

メーカーさんも色々試行錯誤して役物開発されているとは思うのですが、今回の役物は打ち手目線から考えると外れたと思います、

 

何回もアタックという観点は面白いとは思いますが、動きにスピード感が無いのが残念でした。

適度に早く、ハラハラするような動きがアナログ台はに必要だと思っています。

 

犬夜叉はダラダラと遅い動きが続く・・・・って印象です。

 

面白い役物開発へ取り組む姿勢は凄く垣間見れるのですが、こうした打ち手目線の意見も取り組んで次回から開発に臨んでもらえたら嬉しいですね。

 

犬夜叉は役物が少し残念でしが、役物確率が良い台だと十分打てる台になり得るので、導入店舗あればチェックしてみましょう☆

 

以上、【パチプロ日記】実践レポ!役物考察、役物動画等、役物確率別ボーダーライン!~CR犬夜叉JUDGMENT∞ EX AG-JT~でした。

 

—パチンカーズネット問い合わせ—

立ち回り、止め打ち、考え方など、何かご質問あれば下記よりご連絡ください。

可能な限り回答させて頂きます!!

メール

@patinkazunet

コメント

未承認のコメントは0件です。
まだコメントはありません。

captcha_image 読み取り難い場合

上に表示された文字を入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

Categories : 実践記 ポトフ
  • ※パチンカーズネット継続運営のためのご支援をお願いします。

    この記事をシェアする

    利用規約・免責事項
    © Copyright 2012 パチンカーズネット All Rights Reserved.