パチンカーズネット
  最終更新日:2016年7月9日

【期待値計算ツール】仕事量&期待値の求め方、期待値シュミレーションのやり方

  0 コメント
  公開日:2016年7月8日

 

パチンカーズネット計算ツールについて説明していきます。

 

計算ツールには主に2種類の活用方法があります。

 

・稼働結果から仕事量&期待値を求める

・稼働前に期待値シミュレーションする

 

 

WS000052

 

目次

仕事量&期待値の求め方

 

以下の実践条件にて説明します。

 

〇対戦機種

牙狼魔戒ノ花 XX

 

〇稼働条件

・換金率:27.5玉/100円(手数料無)

・貸玉:250玉/1000円

・貯玉:再プレーが2500玉上限

 

〇稼働データ

・通常回転数:2200回

・電サポ回転数:1000回

・電サポ増減:+1000玉

・大当たり

13R:1回

15R:1回

16R:16回

・大当たり一回の出玉

16R:2000玉

・投資

現金:40000円

貯玉:2500玉

・回収:20000玉

 

 

1:出玉を修正する

WS000032

牙狼の場合、捻り打ちなどによりオーバー入賞しやすいので表記出玉より多くなる事が多いですね。

 

今回の実践では16R大当たりで2000玉獲得することができました。

 

①基準ラウンド選択

出玉修正の基準になる大当たりラウンドを選択し、出玉数を入力します。

今回の実践では16Rにチェックを入れて、2000と入力します。

 

②修正ラウンド選択

修正したいラウンドを選択します。

今回の実践では、シングルアタッカー(アタッカーが一つ)なので、全てにチェックをいれます。

 

③出玉修正

このボタンを押すと、計算条件の出玉項目が自動的に修正されます。

 

2:計算条件を入力する

WS000058

WS000059

 

①貸玉/¥1000

千円あたりの貸し玉数を入力します。

パチンコ遊技するにあたり、1000円で何玉貸りられるか?という事です。

一般的には250玉/1000円です。

稀に240玉/1000円のホールもありますので、その場合は240と入力します。

1円パチンコ、2円パチンコなどにも対応しています。

今回の実践では、変更する必要はないため250のままです。

 

②換金手数料

地域によっては換金する時に手数料をとる場合があります。

一般的に多いのが、200円景品に対して1.5%の手数料の形式です。

この場合、1.5と入力します。

今回の実践では、手数料は取られないので、0のままです。

 

③換金率/¥1000

特殊景品に交換する時に必要な玉数です。

何玉で千円になるかの数値です。

等価であれば250、100円30玉(3.3円)であれば300と入力します。

1円パチンコ、2円パチンコなどにも対応しています

今回の実践では1000円275玉なので275と入力します。

 

④現金

現金で投資した金額の内、税金分を除いた金額を入力します。

10000円であれば、入力値は10000となります。

(税金分を含んだ現金投資額が10800円の場合、10000円と記入します。)

今回の実践では40000円なので40000と入力します。

 

⑤税金分

総投資金額の内、税金にかかる金額の事です。

2014年4月の消費税増税による外税方式のホールで、若干ながらこの形式で運営しているホールもあるようです。

1000円あたり80円(1000円に対して8%)必要なホールであれば、

1080円使用した場合、入力値は80となります。
10800円使用した場合、入力値は800となります。

多くのホールは外税方式は現在は少ないので、入力値は0の場合が多くなります。

今回の実践では、0のままです。

 

⑤貯玉(手数料無)

貯玉再プレーが手数料無しで利用出来るホールで遊技した場合に入力します。

1日あたり2500玉まで手数料無しの再プレーが出来るホールで、2500玉使用した場合、入力値は2500となります。

今回の実践では2500玉貯玉を使用したので、2500と入力します。

 

⑥回収出玉

最終的に残った玉数です。

5000玉残った場合、入力値は5000となります。

今回の実践では20000玉なので20000と入力します。

 

⑦電サポ増減数

時短・確変など電サポ時に増減があった玉数の事です。

算出値は電サポ1回転あたり、どれだけ増減したかという考え方になります。

例えば、電サポ1000回転で500玉減った。
この場合、-500/1000=-0.5となり、入力値は-0.5となります。

逆に、電サポ1000回転で300玉増えた。
この場合、300/1000=0.3となり、入力値は0.3となります

今回の実践では電サポ1000回に対して、1000玉増えています。

つまり、+1玉/1回転なので、1と入力します。

 

⑧総回転数

通常回転数と電サポ回転数の合計の事です。

通常回転数1000、電サポ回転数1000であれば、1000+1000=2000となります。

総回転数は電サポ時の回転数を求めるために、入力します。電サポ時の玉数の増減を把握するための項目です。 必須ではありませんが、より正確な値を求めることができます。

今回の実践では3200回転なので3200と入力します。

 

⑨通常回転数

通常時に回した回転数の事です。
なお、当サイトでは基本的に電サポ後の残保留は通常回転として消化する前提で、トータル確率を算出しております。

したがって、電サポ後の残保留も通常回転数にカウントして入力してください。
※算出条件で変更がある場合、機種ページの備考欄にその旨記述します。

今回の実践では2200回なので2200と入力します。

 

⑩大当たり種類

大当たりラウンド別に出玉数、大当たり回数を入力します。

一括出玉修正で出玉を修正した場合は、出玉修正した値が自動的に反映されています。

手動で出玉数を変更することももちろん可能です。

今回の実践では回数の欄のみ変更します。13R、15R、16R、それぞれの回数を1116と入力します。

 

⑪平均出玉

ラウンド比率を元に平均出玉数を計算しています。

一括出玉修正で出玉を修正した場合は、平均出玉も自動的に修正されます。

もし平均出玉の修正が必要な場合手入力で変更してください。

今回の実践ではこのままにします。

 

⑫時間消化

1時間あたりどれだけ通常回転数を回せるかという事です。

回転率、機種によって通常回転数の消化速度は変わり、稼働時間あたりの期待値の算出結果が変わってきます。

牙狼の場合、1時間あたり180回ぐらいだと思われます。

今回の実践では、180と入力します。

 

⑬計算

最後に「計算する」のボタンを押します。

 

3:計算結果表示

「計算する」のボタンを押すとページが変わり、計算結果が表示されます。

 

WS000033 

WS000034

①回転率

千円あたり何回転回せるか?という事です。

今回の実践では、18.97回転

 

②仕事量

稼働した当日の仕事量の算出結果です。

今回の実践では、21288円

 

③持玉単価

実践した台は持玉遊技の時は1回転どれだけ期待値が見込めるか?という事です。

今回の実践では、11.33円

 

④現金単価

実践した台は現金遊技の時は1回転どれだけ期待値が見込めるか?という事です。

今回の実践では、6.54円

 

⑤持ち玉比率別期待値

期待値は持ち玉比率別に一覧で表示されるようになっています。

牙狼魔戒ノ花 XXでは12時間稼働(貯玉2500玉再プレー)時の持玉比率は60%程度だと思います。

したがって、今回の実践では60%の20236円と考えます。

持玉比率は回転率など条件によって若干違ってきますので、その点はご認識ください。

機種ページ毎に交換率別ボーダー情報の項目に推定持ち玉比率を掲載しています。そちらも参考にしてください。

持玉比率設定は少し辛めで考えておくぐらいが無難だと思います。

期待値シミュレーション

では次に期待値のシミュレーション方法を解説します。

 

これは稼働前の事前予測の部分ですね。

 

〇〇という機種が良さそうに見えるけど、どれぐらい期待値あるだろう?

って時にシミュレーションしてみると良いです。

 

 

条件は先ほどと同じ設定にします。

 

〇対戦機種

牙狼魔戒ノ花 XX

 

〇稼働条件

・換金率:27.5玉(手数料無)

・貸玉:250玉

・貯玉:再プレーが2500玉上限

 

 

見た目、回りは18回ぐらいで、右は綺麗だから玉は増えそうだなー。

アタッカーもそこまでマイナス調整で無いな。」

 

このように思えた台があるとします。

 

 

ここで仮定をたてます。

回転率:18回/千円

1R:125玉

電サポ:+1玉/1回転

 

この条件なら期待値はどれぐらいだろう?

 

 

そこで、期待値計算ツールを活用します。

WS000032

稼働結果の時と同様に、出玉修正します。

 

 

 

WS000050

WS000043

 

①貸玉を入力します。

シミュレーションでは250玉なので250と入力します。

(元々250になっているので変更なければそのまま)

 

②換金率を入力します。

シミュレーションでは275玉なので275と入力します。

 

②現金

10000と入力します。

 

④電サポ増減数

電サポ+1玉/1回転増やすという想定なので、1と入力します。

 

⑤⑥総回転数、通常回転数

回転率18という想定の為、180と入力してください。

(現金10000円と入力した為)

 

現金1000、総回転数と通常回転数を18と入力しても良いのですが、回転率18.5という想定だと、通常回転数に18.5というコンマは入力出来ないので、上記の形にしています。

 

⑦通常消化

どれぐらい回せるか?

牙狼であれば180回/1時間想定なので、180と入力します。

 

⑧計算

計算する」ボタンを押すと計算結果が表示されます。

 

 

そして下記が計算結果。

 

WS000047

WS000048

 

⑨持玉単価

期待値シミュレーションでは持玉単価を見ると分かり易いです。

 

持ち玉8.76円なら、持ち玉で2000回回せば17000円ぐらいにはなるなぁ

という事が理解出来ます。

 

⑩持ち玉比率別期待値

ただし、持ち玉比率の兼ね合いがあるので、持ち玉比率別に期待値を見てみましょう。

 

今回のシミュレーションであれば、

 

稼働12時間

持ち玉比率60%

期待値+14558円

 

という数値がわかります。

まとめ

このように期待値計算ツールに関しては、予測と結果の2種類に活用が出来ます。

 

はじめのうちは若干面倒かもしれませんが、

慣れてくるとツールを使ったほうが断然早く計算できます。

 

上手く稼働に役立つように活用してもらえると幸いです。

 

—パチンカーズネット問い合わせ—

立ち回り、止め打ち、考え方など、何かご質問あれば下記よりご連絡ください。

可能な限り回答させて頂きます!!

メール

@patinkazunet

サイト内検索

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

CAPTCHA


※パチンカーズネット継続運営のためのご支援をお願いします。

この記事をシェアする

利用規約・免責事項
© Copyright 2012 パチンカーズネット All Rights Reserved.